アコム、プロミス、レイクの審査に全て落ちてしまった場合の原因とは

アコム、レイク、プロミスの審査に全て申し込んでも、落ちることがあります。その場合も理由はいくつか考えられますが、アコムやレイク以外の会社からお金を多く借りていた場合は、落ちる可能性が高くなります。総量規制と呼ばれる法律ができており、年収の三分の一を超える謝金をすることはできません。例えば、年収が300万円の方だったら、100万円以上の借金はできないようになっています。
アコムやレイクに申し込むときに、他の会社の借金を申告しないことは可能です。しかし、アコムやレイクは申込者の総額の借金を、容易に把握できます。信用情報機関に問い合わせをすれば、それをするのは簡単なのです。
他にも審査に落ちる理由はあります。例えば、アコムやレイク、プロミスで過去にお金を借りていて、それを返済できなかった場合は、落ちる可能性が高くなります。事故として記録が残っています。その記録を保有しているのも信用情報機関です。カード会社は申し込みがあった時に、その人の過去の借り入れの状況を必ず調べます。そのために過去に返済できなかったり、返済に大幅に遅れた記録があれば、申し込みをしても却下されることになります。
他の理由で落ちることもあります。どの会社も申込者の情報には注意を払います。その情報が虚偽のものだったら、審査に落ちます。例えば、無職なのに会社に勤めていると申告したら、落ちてしまいます。申し込む時の個人の情報は、正確で嘘のないものにしなければなりません。